DVDメディアの種類一覧|DVD-R系統をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

映像をコピーする際に新しいDVDメディアへ記録する方も多いかと思われます。しかし、DVDのメディアは様々な種類があるため、いざ録画用のDVDを購入しにいくとどれを購入したらいいか困った経験はありませんか?適当なメディアを選んで購入してしまうと、使い方によっては後悔する事があります。

そこで今回は、DVDメディアの種類についてご紹介していきます。

DVDメディアの種類

woman01

先ず、DVDの種類はどういった物があるのか?

  • DVD-R
  • DVD-R DL
  • DVD-RW
  • DVD+R
  • DVD+R DL
  • DVD+RW
  • DVD-RAM
  • DVD-ROM

DVDだけでもこれ程の種類があり、どのような用途で使い分ければいいのかわからない・・・。と思う方が殆どだと思われます。なかには、映像を一度のみ記録できるものもあれば、何度も繰り返し記録できる高性能なメディアもあります。また、上記でも紹介しているDVD+系は海外では普及しておりますが、日本ではあまり利用されておらずDVDプレイヤーの中にはDVD+シリーズに対応しておらず、再生できない再生機器もあります。

そのため、今回は日本で一般的に利用されているDVD-Rシリーズをどういった用途で使い分ける必要があるのかご紹介していきます。

DVD-R&DVD-R DL

先ずは、DVD-RとDVD-R DLですが、この2つの特徴は「一度だけの書き込みが可能でメディア内のデータを削除する事ができない」ようになっており、記録用のDVDでは最も低価格で購入する事が可能になっています。そのため、記録した映像を長期保存する場合やDVDビデオを作成して配布するといった場合にはこちらを利用するのがオススメです。

また、DVD-RDLは片面2層となっており、記録できる容量がDVD-R(4.7GB)のおよそ2倍(8.5GB)です。長時間の映像を録画するといった場合にこちらを購入するのが良いかと思われます。

DVD-RW

こちらのDVD-RWはメディアの容量はDVD-Rと同じく4.7GBとなっておりますが、約1,000回近くのデータの記録や書き換えが可能になっているうえにメディア内のデータを自由に削除できるようになっております。そのため、もし保存した映像やデータを後に編集するといった場合には、こちらのDVD-RWを購入しましょう。

DVD-RAM

DVD-RAMは、上記の2つと比較すると多少高額にはなってしまいますが、約10万回の書き込みができる&メディア内のデータを自由に削除する事ができます。PCとの連携に優れている事からPC内に保存されているデータをバックアップ等に利用する方もいます。

DVD-RAMドライブにDVD-RAMを挿入しておくだけでハードディスクのように扱うこともでき、PCとの間でデータのやり取りも簡単に行う事ができるようになっています。もし、PCなどとの連携・データのバックアップに利用する方は、こちらがオススメになります。

まとめ

今回は、DVD-R系統のメディアをご紹介してきました。私もDVDコピーを学び始めた当初は、メディアの種類が多く覚えづらい事もあったため今回の記事にしてみたのです。

また、安全にDVDコピーを行うなら当サイトでご紹介しているキャプチャーボード「Ezcap HD」でのコピー方法です。リッピングソフトとは違い、コピーガードを外す必要もなく高画質でDVDコピーが行える機器はそこまで多くないため、とてもオススメな方法です。キャプチャーボードの詳細については下記サイトをご覧ください。

関連記事:DVDがコピーできない原因と対策【2016年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。