DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

DVDやBlu-rayは「リッピング」又は「キャプチャーボード」などで気軽にコピーが可能になりました。リッピングでのDVDコピーは、DVD内のデータをPCへそのままコピーする事ができ、画質や音質の劣化を気にする事無く複製する事ができます。

しかし、一部のDVDやBlu-rayをリッピングすると著作権法違反にあたるのはご存知ですか?

リッピングの詳しい事を知らないままDVDコピーをすると違法行為になる可能性があるため、注意が必要です。

そこで今回は、どのようなDVDリッピングが違法行為にあたるのか具体的にご紹介していきます。

リッピングの著作権法改正

先ずは、DVDコピーについて2012年の著作権法の改正内容を見てみましょう。

—————————————————————————————————————–
2012年から著作権法の一部が改正されます。

「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され違法となります。

TV録画および市販のDVDに対してこれらのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用してください。Discの複製・変換を行う場合は、自作DVDや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。
—————————————————————————————————————–
※引用元:著作権法

PAK88_omocyanotejyou_TP_V

2012年に著作権法が改正されています。

技術的保護手段】=【コピーガード】であり、一部のDVDやBlu-rayにはこのコピーガードが掛かっていますが、このコピーガードを解除する事が違法になります。

皆さんは「コピーガードを解除したからとはいえ、バレなければ大丈夫でしょ?」と、軽い気持ちでリッピングしようとしていませんか?

どのようなリッピングが違法行為に該当するのか、これから確認していきましょう。

違法行為となるのは?

①コピーしたDVDを販売する。

コピーしたDVDを他人に売買する行為は完全に違法になります。
著作権のあるDVDを売買することに問題がありますが、「技術的保護手段」=コピーガードを解除した時点で違法です。

②コピーしたDVDを個人で保管する場合

DVDコピーを個人で保管する場合も同じです。
この内容も①と同じく、コピーガードを解除する行為が違法になります。

上記にも記載されている通り、
【「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され違法となります。】

個人用途での使用も著作権法違反になります。

③購入したDVDのコピー

何度も書いてますが、購入したDVDも上記と同じくコピーガードの解除にあたるので、当然違法です。
購入もレンタルDVDも同じく、リッピング不可になってます。

しかし、自分で作成したオリジナルDVDなどはコピーガードがないため、リッピングは可能です。
リッピングソフトは著作権がないDVDなどのDVDコピーに利用するように心がけましょう。

結論

DVDコピーをした場合、ほとんどが①~③の用途になるかと思いますが、技術的保護手段が掛かっている以上、どの方法もNGです。

最近でも某リッピングソフトのアップロード者と自己サイトへリンクを貼った人が逮捕された事例があります。リッピングソフトのリンクを貼るだけでも逮捕された事例があるため、リッピング行為自体は控えるようにしてください。

そこで、DVDコピー方法でオススメしたいのが、「キャプチャ録画」です。
再生されている映像をそのままキャプチャして録画する事で、コピーガードも解除せずDVDのコピーが可能です。

キャプチャ録画ができる機器の中でも「EZcap HD」がPCを使わずに録画できるのも嬉しいところです。
EZcap HDの詳しい機能や使い方はこちらのページを見てはいかがですか。

SNSでもご購読できます。