DVDがコピーできない原因と対策【2017年版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

DVDがコピーできない原因

DVDがコピーできない主な原因は、コピーガードです。 DVDのコピーガードには「CSS」や「容量偽装」といった様々な種類があり、コピーできないDVDには何らかのコピーガードが付いていると考えてほぼ間違いありません。例えば、市販の映画DVDやレンタルDVDなどは必ずと言っていいほどコピーガードで保護されています。そのため、市販のDVDソフトやレンタルDVDはコピーができないのです。コピーガードがある限り、後述するキャプチャ以外の方法ではDVDはコピーできません。 また、Blu-rayがコピーできない原因と対処法については下記ページをご覧ください。 関連記事:Blu-rayがコピーできない場合の対処法【BDコピー】

DVDのコピーガードを解除する方法

JK92_hohohiji20150222103753_TP_V コピーガードが付いていてコピーできないDVDを持っているとします。このDVDをコピーするためには、DVDのコピーガードを解除する必要があり、DVDのコピーガードを解除するためには、リッピングソフトと呼ばれるソフトが必要になります。リッピングソフトは、DVDに記録されているデータをパソコンにコピーするためのソフトです。 DVDにコピーガードがあると、基本的にリッピングもできません。 しかし、一部のリッピングソフトは、リッピングする際にDVDのコピーガードを解除が可能で、コピーガードを解除してしまえば、コピーガードのないDVDと同様にコピーができます。

よく見かけるリッピングソフト

ネット上で有名なリッピングソフトには、下記のようなソフトがあります。 リッピングソフトによってはフリーソフトとして配布されている場合もあります。

  • 「WinX DVD Copy Pro」
  • 「MacX DVD Ripper Pro」
  • 「DVDFab」
  • 「DVDFab Passkey」
  • 「Any DVD HD」
  • 「DVD Shrink」
  • 「DVD Decrypter」

リッピングソフトでリッピングすれば、DVDのコピーガードを解除しつつ、DVDのデータをパソコンへコピーすることができます。ただし、リッピングソフトの使用にはひとつ注意点があります。

リッピングソフトの注意点

mark_warning01 リッピングソフトがあれば大抵のDVDをコピーできますが、実は日本では行うことができません。 日本では、2014年の著作権法改正によって、リッピングが禁止されました。DVDのコピーガードを解除してコピーすることが法律で禁止されたのです。 そのため、リッピングソフトを使ってコピーガード付きのDVDをコピーすると違法行為となります。有名なリッピングソフトがすべて海外製なのは、こういった事情があるからです。 リッピングソフトに限らず、コピーガードは解除してはいけないと考えて正解でしょう。前述のリッピングソフトは、DVDのコピー目的で使用してはいけません。注意しましょう。 リッピングソフトについての違法性はこちらをご参照下さい。↓↓ DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

コピーガードを解除せずにDVDをコピーする方法

日本ではリッピングソフトが使えませんが、リッピングソフトを使わずにDVDをコピーする方法があります。この方法はリッピングソフトのようにDVDのコピーガードを解除しないため、日本でも行うことができるうえにこの方法は、DVDを動画ファイルとしてコピーすることができます。 リッピングソフトはDVDのデータ構造を保ったままコピーするため、DVDの知識がない人は、「DVDをリッピングした後にどうすればいいのか分からない」と迷ってしまうでしょう。リッピングソフトでDVDのデータを取り出しても、そのデータの使い方が分からなければ何の意味もありません。 DVDを動画ファイルとしてコピーできれば、Windows Media PlayerやiTunesで再生したり、スマートフォンやタブレットに転送して、外出先で再生することもできるようになります。 前置きが長くなりましたが、「キャプチャ」という方法でDVDをコピーできます。 キャプチャは、DVDのコピーガードを解除せず、DVDを動画ファイルとして保存できるという特徴があります。 日本ではDVDをリッピングすることができないので、キャプチャを使ってDVDをコピーするのがおすすめです。 →パソコン不要のキャプチャ機器の詳細

キャプチャとは?

ここで言うキャプチャとは、一言で表すと「撮影」のことです。 DVDを再生させ、その映像をパソコンで録画します。もちろん音声も録音されます。パソコン画面に映っているDVDの映像をカメラで撮影しているイメージです。DVDを通常通り再生させ、それを録画しているだけなので、CSSや容量偽装などのコピーガードは特に関係がありません。 当然コピーガードを解除することもありません。

DVDをキャプチャする方法

DVDの映像をキャプチャする方法は、主に3通りあります。

  • DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、キャプチャーボードで録画する
  • DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、パソコンで録画する
  • DVDをパソコンで再生し、キャプチャーソフトで録画する

①「DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、キャプチャーボードで録画する」

IMGP1132 この方法は、DVDプレイヤーとキャプチャーボードを接続するだけで行えます。 通常、DVDプレイヤーはテレビやモニターに接続していますよね。そのテレビやモニターの代わりに、キャプチャーボードを接続します。DVDプレイヤーでDVDを再生すると、DVDの映像がキャプチャーボードに流れ、録画されます。 こちらの方法は、再生機器と専用キャプチャーボードの接続のみでDVDのコピーが可能となっているためPCを使用しないのは嬉しいメリットになります。普段からDVDコピーに苦労している方も見受けられますが、キャプチャーボードでのコピー方法はパソコンが一切必要ありません。 「接続して再生ボタンを押すだけ」たったこれだけの作業でDVDコピーが行えてしまいます。 この方法でDVDをコピーできるキャプチャーボードはこちら →パソコン不要のキャプチャ機器の詳細

②「DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、パソコンで録画する」

DVDプレイヤーで再生している映像は、キャプチャーボードを経由してパソコンに流れます。それをパソコン上で録画します。 パソコンを使うため若干ハードルが上がりますが、その分細かい設定などの調整が行えます。

終わりに

DVDはコピーガードで保護されているため、単純にパソコンで読み取ってもコピーできないようになっています。ですが、キャプチャーボードやキャプチャーソフトを使えばコピーすることができます。 日本では違法行為となってしまうので、リッピングソフトは使わないようにしましょう。 DVDをコピーするなら、キャプチャ。これが2016年版のDVDがコピーできない原因と対策です。 >>>驚きのNewモデル登場!手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

DVDをコピーできる強い味方!

DVDやブルーレイコピーにうってつけ!解像度1920x1080に対応!ご家庭のDVDデッキに繋ぐだけで高画質なままHDデジタル映像・動画をキャプチャしてパソコンに保存!

・解像度をできるだけ落とさずにキレイな映像のまま取り込みたい! ・プレイヤーからの映像を動画ファイルとしてPC内に保存しておきたい! ・DVDはもちろん、ブルーレイも高解像度なまま録画したい! そんなあなたにオススメです。


EzCAP HDの詳細はこちらから!

SNSでもご購読できます。