DVDがコピーできない時、まず確認する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

DVDを用意して、いざ、コピー!

でも、エラーが出てコピーができない。そんな時どうしますか? あきらめますか?

きっと、このブログを読んでくれている人は、あきらめずに色々と調べているのだと思います。

そこで、DVDのコピーができない時、チェックするポイントをまとめました。「DVDがコピーできない!」とあきらめる前に、次の3点を確認しておきましょう。

1. DVDに傷、汚れがないかを確認する

初歩的なことですが、侮れません。

コピーができないDVDの読み取り面を見てみましょう。指紋やホコリで汚れていませんか?「DVDプレイヤーで再生できるから、汚れていない」と決めるのは早計です。

☞DVDの再生:汚れでデータが読み込めない部分を飛ばすことが可能。エラーは起きない。

☞DVDのコピー:完全にデータを読み込む必要がある。部分的に読み込めないとエラーになる。

私もDVDを綺麗にしたらコピーできた経験がありますので、まずは確認しましょう。

汚れているときは乾いた布(ティッシュも可)で拭きます。傷があるときは、家電量販店などDVDを扱っているショップで傷のないものと交換してもらいましょう。

2. コピーソフトの関連フォーラムを確認する

同じようなエラーに遭遇した人の書き込みは結構見つかるものです。エラーメッセージや、商品名、タイトルなどで検索をしてみましょう。

3. コピーするソフトを変える

ソフトの仕様やバグでコピーできない時はお手上げです。

最近はディスク自体のコピーガードが強化されているので、自作DVDなのにコピーができないというケースも増えています。

海外でよくあるコピー系のソフトでダメな場合は、コピーができないとあきらめて、他の方法を使いましょう(そもそもコピーガードの解除は違法になります)。

キャプチャーボードを試すのがポイントです。

キャプチャーボードは基本的にコピーガードの影響を受けずにコピーができます。

デメリットは、製品によって対応端子やケーブルが異なり、パソコン初心者にはとっつきにくい印象があることです。

私が使っている「EzCAP HD」は「コンポーネント」という高画質アナログ端子に対応しているので、「1920*1080」(1080i)の「HD画質」でキャプチャ(コピー)ができます。

DVDの場合は元々の映像が「720*480」の「SD画質」のため、コンポーネント端子でコピーしても高画質に変わるわけではありませんが、Blu-rayのような元々の映像が高解像度のものは、高画質のままコピーすることができます。

▷EzCAP HD公式サイト

上記3点を試してもコピーができない場合……

その時は、コピーをあきらめた方がいいかもしれません。キャプチャーボードでDVDのコピーができなければ、さすがに私もコピーをあきらめて、DVDをフリスビーにするかもしれません。

DVDをコピーできる強い味方!

DVDやブルーレイコピーにうってつけ!解像度1920x1080に対応!ご家庭のDVDデッキに繋ぐだけで高画質なままHDデジタル映像・動画をキャプチャしてパソコンに保存!

・解像度をできるだけ落とさずにキレイな映像のまま取り込みたい! ・プレイヤーからの映像を動画ファイルとしてPC内に保存しておきたい! ・DVDはもちろん、ブルーレイも高解像度なまま録画したい! そんなあなたにオススメです。


EzCAP HDの詳細はこちらから!

SNSでもご購読できます。