DVDがコピーできないを解決する「EzCAP HD」のスペック全貌

BON_verosumahokonwaku201502071458401_TP_V

DVDがコピーできるキャプチャー機器「EzCAP HD」の気になるスペックを紹介します。

「DVDのコピーができない!」そんな時あなたはどうする?

DVD自体に傷や汚れがついている場合、DVDのコピーができない場合があります。。

傷や汚れが原因の場合、物理的にDVDのコピーができないので諦めるのも仕方ないかもしれません。

また、DVDがコピーできない原因は他にも考えられると思います。

DVDのコピーするためのソフトが沢山販売されていますが、そんなソフトを使ってもDVDのコピーができない場面に遭遇したら最悪ですね。

しかも、多くのDVDコピーソフトは「リッピング」をしているので、そもそも日本では違法です。

では、安全にDVDのコピーをする方法はないのでしょうか。

そんなDVDがコピーできない状態を解消するのが、「EzCAP HD」なのです。

EzCAP HDとは?

gai_001

EzCAP HDとは、DVDのコピーができるキャプチャー機器です。
従来DVDのコピーをするためには、パソコン用の専用ソフトを使って行う必要がありました。

しかし、これらのソフトは大小はあるもののパソコンのスペックに影響を受けます。

また、多くのソフトがリッピングを行ってDVDをコピーするので、そもそも日本では違法行為です。

EzCAP HDを使えば、パソコンを使わずにDVDの映像を見ながらコピーすることができます。

EzCAP HDのスペック

ezcap002

EzCAP HDを購入すると、「EzCAP HD本体」・「付属コード類」・「付属CD-ROM」が同梱されています。

それでは、各ブロック毎に詳しく見ていきましょう。

EzCAP HD本体

cap001

向かって右側が、EzCAP HD本体です。

非常にコンパクトなので、場所をとることが無いと思います。

<EzCAP HDのサイズ>

横:約12cm

たて:約12cm

高さ:約2.5cm

DVDの映像をコピーした時にできる動画ファイルは、「MP4(H.264)」です。

付属コード類

EzCAP HDを購入すると、各種コード類がついてきます。

そのため、「いざ購入してみたものの、コードがなくて使えない!」ということは無いのでご安心を。

では、早速付属してくるコード類を見ていきましょう。

EzCAP HD本体用アダプタ

ac001

こちらはEzCAP HD本体用のアダプタです。

EzCAP HDを使ってDVDのコピーを行う時は、本体に接続して使用しましょう。

コンポジットケーブル

com001

みなさんご存知「赤・白・黄色」のケーブルです。

このケーブルは昔からあるので、多くの方が使ったことがあるのではないでしょうか。

赤と白のケーブルは音声用、黄色のケーブルは映像用の端子です。

コンポーネントケーブル

com002

コンポーネントケーブル自体を知らない方って結構多いんじゃないでしょうか。

コンポーネントケーブルとは、コンポジットケーブルより高画質に映像を再生できるケーブルです。

コンポジットケーブルの黄色に当たる部分を、「赤・青・緑」の3つの端子が担当します。

HDMIケーブル

hdmi001

高画質で再生するならHDMIケーブルですよね。

HDMIケーブルは、コンポジットやコンポーネントと違ってデジタル信号なので映像が鮮明です。

また、音声と映像を1本のケーブルで済んでしまうので、ケーブルがごちゃごちゃせずかなり便利。

私も普段からHDMIケーブルにはお世話になっています。

レシーバー

rec001

このレシーバーは、遠くからEzCAP HDをリモコンで操作するために必要なものです。

リモコンでEzCAP HDを操作したい場合は、このレシーバーを本体に取り付けてください。

付属CD-ROM

EzCAP HDを購入すると、付属ソフトとして「PowerDirector」がついてきます。

PowerDirectorとは、動画ファイルの編集ソフトです。

既に動画編集ソフトをもっていれば必要ないですが、今まで動画の編集をしたこと無い方は、これを機会にチャレンジしてみてはいかかがでしょうか。

EzCAP HDの使い方

20150511_114112

EzCAP HDは、DVDプレイヤーとディスプレイの間に挟む形で接続します。

画像では、DVDプレイヤーとEzCAP HDは「コンポーネントケーブル」で接続しています。
(※音声はコンポジットを使用)

そして、EzCAP HDとディスプレイは「HDMIケーブル」で接続しています。

この状態でDVDプレイヤーでDVDを再生し、録画したい場面になったらEzCAP HDの録画ボタンを押せば、DVDの録画が始まります。

まとめ

EzCAP HDはなんといってもパソコンが不要なところが便利です。

テレビでDVDを見ながら同時に録画もできてしまうので、時間が無い方でも手軽にDVDのコピーができます。

ちなみに、EzCAP HDはコピーガードやプロテクトを回避/解除する機能はないので、その点ご注意を。

>>>驚きのNewモデル登場!手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

DVDがコピーできない原因と対策【2016年版】

YOU85_PCsousasuru20131019130818_TP_V

DVDがコピーできない原因

DVDがコピーできない主な原因は、コピーガードです。

DVDのコピーガードには「CSS」や「容量偽装」といった様々な種類があり、コピーできないDVDには何らかのコピーガードが付いていると考えてほぼ間違いありません。

例えば、市販の映画DVDやレンタルDVDなどは必ずと言っていいほどコピーガードで保護されています。そのため、市販のDVDソフトやレンタルDVDはコピーができないのです。コピーガードがある限り、後述するキャプチャ以外の方法ではDVDはコピーできません。

また、Blu-rayがコピーできない原因と対処法については下記ページをご覧ください。

関連記事:Blu-rayがコピーできない場合の対処法【BDコピー】

DVDのコピーガードを解除する方法

コピーガードが付いていてコピーできないDVDを持っているとします。このDVDをコピーするためには、DVDのコピーガードを解除する必要があります。

DVDのコピーガードを解除するためには、リッピングソフトと呼ばれるソフトが必要になります。リッピングソフトは、DVDに記録されているデータをパソコンにコピーするためのソフトです。

DVDにコピーガードがあると、基本的にリッピングもできません。

しかし、一部のリッピングソフトは、リッピングする際にDVDのコピーガードを解除が可能で、コピーガードを解除してしまえば、コピーガードのないDVDと同様にコピーができます。

よく見かけるリッピングソフト

ネット上で有名なリッピングソフトには、下記のようなソフトがあります。

リッピングソフトによってはフリーソフトとして配布されている場合もあります。

  • 「WinX DVD Copy Pro」
  • 「MacX DVD Ripper Pro」
  • 「DVDFab」
  • 「DVDFab Passkey」
  • 「Any DVD HD」
  • 「DVD Shrink」
  • 「DVD Decrypter」

リッピングソフトでリッピングすれば、DVDのコピーガードを解除しつつ、DVDのデータをパソコンへコピーすることができます。

ただし、リッピングソフトの使用にはひとつ注意点があります。

リッピングソフトの注意点

mark_warning01

リッピングソフトがあれば大抵のDVDをコピーできますが、実は日本では行うことができません。

日本では、2014年の著作権法改正によって、リッピングが禁止されました。DVDのコピーガードを解除してコピーすることが法律で禁止されたのです。

そのため、リッピングソフトを使ってコピーガード付きのDVDをコピーすると違法行為となります。

有名なリッピングソフトがすべて海外製なのは、こういった事情があるからです。

リッピングソフトに限らず、コピーガードは解除してはいけないと考えて正解でしょう。

前述のリッピングソフトは、DVDのコピー目的で使用してはいけません。注意しましょう。

リッピングソフトについての違法性はこちらをご参照下さい。↓↓
DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

コピーガードを解除せずにDVDをコピーする方法

日本ではリッピングソフトが使えませんが、リッピングソフトを使わずにDVDをコピーする方法があります。

この方法はリッピングソフトのようにDVDのコピーガードを解除しないため、日本でも行うことができます。

しかもこの方法は、DVDを動画ファイルとしてコピーすることができます。

リッピングソフトはDVDのデータ構造を保ったままコピーするため、DVDの知識がない人は、「DVDをリッピングした後にどうすればいいのか分からない」と迷ってしまうでしょう。

リッピングソフトでDVDのデータを取り出しても、そのデータの使い方が分からなければ何の意味もありません。

DVDを動画ファイルとしてコピーできれば、Windows Media PlayerやiTunesで再生したり、スマートフォンやタブレットに転送して、外出先で再生することもできるようになります。

前置きが長くなりましたが、「キャプチャ」という方法でDVDをコピーできます。

キャプチャは、DVDのコピーガードを解除せず、DVDを動画ファイルとして保存できるという特徴があります。

日本ではDVDをリッピングすることができないので、キャプチャを使ってDVDをコピーするのがおすすめです。

→パソコン不要のキャプチャ機器の詳細

キャプチャとは?

ここで言うキャプチャとは、一言で表すと「撮影」のことです。

DVDを再生させ、その映像をパソコンで録画します。もちろん音声も録音されます。

パソコン画面に映っているDVDの映像をカメラで撮影しているイメージです。

DVDを通常通り再生させ、それを録画しているだけなので、CSSや容量偽装などのコピーガードは特に関係がありません。

当然コピーガードを解除することもありません。

DVDをキャプチャする方法

DVDの映像をキャプチャする方法は、主に3通りあります。

  • DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、キャプチャーボードで録画する
  • DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、パソコンで録画する
  • DVDをパソコンで再生し、キャプチャーソフトで録画する

①「DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、キャプチャーボードで録画する」

IMGP1132

この方法は、DVDプレイヤーとキャプチャーボードを接続するだけで行えます。

通常、DVDプレイヤーはテレビやモニターに接続していますよね。そのテレビやモニターの代わりに、キャプチャーボードを接続します。

DVDプレイヤーでDVDを再生すると、DVDの映像がキャプチャーボードに流れ、録画されます。

この方法でDVDをコピーできるキャプチャーボードはこちら

→パソコン不要のキャプチャ機器の詳細

 

②「DVDプレイヤーとキャプチャーボードをつなぎ、パソコンで録画する」

DVDプレイヤーで再生している映像は、キャプチャーボードを経由してパソコンに流れます。それをパソコン上で録画します。

パソコンを使うため若干ハードルが上がりますが、その分細かい設定などの調整が行えます。

 

③「DVDをパソコンで再生し、キャプチャーソフトで録画する」

capture-20160223-143221

再生と録画をひとつのパソコンで行うため、パソコンのスペックが重要になります。

その代わりDVDプレイヤーやキャプチャーボードを使わないので、準備が簡単という利点もあります。

この方法でDVDをコピーできるキャプチャーソフトはこちら

終わりに

DVDはコピーガードで保護されているため、単純にパソコンで読み取ってもコピーできないようになっています。

ですが、キャプチャーボードやキャプチャーソフトを使えばコピーすることができます。

日本では違法行為となってしまうので、リッピングソフトは使わないようにしましょう。

DVDをコピーするなら、キャプチャ。これが2016年版のDVDがコピーできない原因と対策です。

>>>驚きのNewモデル登場!手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

購入・レンタルしたDVD・BDのコピーはバレるのか?

OOK160217050I9A9136_TP_V

レンタルしたDVDやBDには期限があり、期日までに返却しなければなりません。しかし、気に入った作品があるとDVDやBDにコピーして保存したいと思う事はありませんか?

画質や音質を残したままDVDやBDへコピーする方法として「リッピング」という方法が挙げられますが、リッピングはコピーガード解除行為(※著作権法違反)にあたるため絶対に行ってはいけません。リッピングの詳細に関しては下記記事を参考にして頂けますでしょうか。

関連記事:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

また、コピーガードを解除するという行為は、レンタルしたDVDやBDをコピーした際にお店側にバレるのかどうか?という事を記載していきます。

DVD・BDのコピーガード解除について

DVD_150

冒頭でも説明しましたが、リッピングソフト等を利用してのDVD・BDのコピーガード解除行為は著作権法違反になります。

しかし、2016年現在もリッピングソフトを利用してのDVDコピーは多数の人によって行われているようです。違法行為なのに何故リッピングソフトを利用する人が後を絶たないのか?それは、違法行為ながらも違反者を特定するための労力と時間が掛かるため、リッピングでの罰則が実質行われていない状態です。そのため、コピーガード解除による違法行為が無くならないのです。

また、DVDのコピーガードを解除したとはいえ、ディスク側に解除した痕跡も残らないのでお店側にバレる可能性も少ないです。とはいえ、あからさまに大量のDVDをレンタルする等の行為を行っている方は、リッピング行為の疑いがかけられる可能性もあるため注意して下さい。

現在、リッピングを行っておりバレていない方も多くおられるかと思いますが、今後は著作権法に対して厳しくなってくると予想されるため、コピーガード解除などの違法行為は今のうちに辞める事をオススメします。

BDのリッピングは難しい?

リッピングソフトによるDVDコピーは今だに行われていますが、Blu-rayはリッピングによるコピーが難しくなっております。

BDリッピングが難しいと言われている理由が、DVDより強固なコピーガード「AACS」が搭載されているからです。リッピングソフトが次々と開発終了になっている事もありますが、現状のフリーリッピングソフトではBlu-rayのコピーガードを解除できるソフトは存在しないと言われている程の頑丈なコピーガードです。BDのAACSについては前回まとめた記事がありますので、そちらを御覧ください。

関連記事:Blu-rayのコピーガード「AACS」を徹底解説!

BD・DVDをコピーするならキャプチャーボードがオススメ

サイト内やこの記事内でも沢山説明してきますが、リッピングソフトは違法行為にあたるため、当サイトでオススメしているのが「キャプチャーボード」を利用したDVD・BDコピー方法です。こちらの方法は、再生されている映像を「キャプチャーボード」と再生機器を接続するだけで映像のコピーが行えます。再生されている映像を直接コピーするため、DVDやBDのコピーガードを解除する必要がないので安全にコピーする事が可能です。

もし、キャプチャーボード「Ezcap HD」に興味があれば、当サイトのTOPページを御覧ください!

関連記事:Blu-rayがコピー出来ない場合の対処法【BDコピー】

Blu-rayのコピーガード「AACS」を徹底解説!

C855_kusarigatuitakousi_TP_V

DVDコピーとBDコピーを比較するとBDコピーの方が複雑で難しいのはご存知でしたでしょうか。

その理由として、Blu-rayはDVDよりコピーガード「AACS」が複雑で強固なものになっている事が原因だからです。そのため、インターネット上からインストールする事ができるリッピングソフト等はDVDのコピーは簡単に行えてしまいますが、BDには対応しておらずコピーできない事が多いです。※リッピングは違法行為にあたるため、絶対に行わないでください。

関連記事:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

そこで今回は、Blu-rayのコピーガード「AACS」についてご紹介していこうと思います。

AACSとは?

上記でも記載しましたが、AACSとはBlu-rayに使用されているコピーガードの一種です。

全てのBDにこのAACSが搭載されているのか?と気になるかと思われますが、AACSが適用されているBDは以下のような

  • 市販、レンタルされているBlu-ray ディスク
  • 地上デジタル、BS等の番組をBDレコーダーで録画したBlu-rayディスク

などのような販売・レンタルされているBlu-rayをコピーし、再生させるとしてもAACSで暗号化されているため、簡単には再生できないような仕組みになっています。さらに、AACSは定期的にアップデートが行われるコピーガードとなっているため、一度AACSを解除したとしても修正が入り再度リッピングができなくなります。

そのため、「以前はBDが再生できていたのに急にできなくなった。」という場合は、このAACSがアップデートされ暗号化されたという事になります。では、AACSはどのような仕組みになっているのか?というのは次にご紹介していきます。

AACSの仕組み

green_floppysima20141024222406_TP_V

Blu-rayのコピーガードAACSは「タイトルキー」「メディアキー」「デバイスキー」という3種の鍵で暗号化されています。

それぞれの鍵が別の鍵を暗号化させており、「デバイスキー→メディアキー」「メディアキー→タイトルキー」「タイトルキーで復号化し動画再生」という複雑な仕組みになっています。基本的にデバイスキーは、BDレコーダー・プレイヤーなどの再生機器に1つ設定されており、この再生機器のデバイスキーを用いてBlu-ray ディスク側の暗号(メディアキー)を解除する事になります。

しかし、このメディアキーの部分こそが上記でも紹介した「AACSのアップデート」にあたり、不正にハッキングされたデバイスキーを用いての解除にあたる場合に不正なデバイスキーを通報される仕組みになっています。そのため、アップデートにより不正なデバイスキーはアップデートから利用する事ができなくなります。

それならば、Blu-rayのコピーはどのようにしてできるのか?

まとめ

Blu-rayのコピーガード「AACS」はとても複雑な内容となっており、BUコピーにあまり詳しくない一般の方が理解する事は難しい内容になっています。まとめると、Blu-rayは「再生機器」「Blu-rayディスク」「再生ソフト」のAACSのバージョンが合っていないと再生する事ができません。

そこで、このサイトでもオススメしているコピーガードを解除する必要が無く、BDをコピーする事ができるキャプチャーボードが高画質なうえに簡単に映像をコピーする事が可能です。BDをコピーする事ができるキャプチャーボードについては下記の関連ページを御覧ください。

関連記事:Blu-rayがコピーできない場合の対処法【BDコピー】

簡単BDコピー!macパソコンでBDコピーする方法

YUUSEI85_burankokoukoktu15203422_TP_V

パソコンがmacだとBlu-rayをコピーする方法があまり無いな・・・。そう感じた事はありませんか?

macでもBDコピーをする事ができるリッピングソフトなら存在しますが、リッピングという行為が違法行為にあたるため絶対に行ってはいけません。リッピングをすると、どのような違法行為にあたるのか?どのような処罰があるのか?を簡単に記載されているページがありますので、こちらも一度御覧ください。

関連記事:Blu-rayがコピーできない場合の対処法【BDコピー】

それだと、リッピング以外の方法でmacのコピーをするならどのような方法があるのか?これから簡単にご紹介していきます。

macでBDコピーをするためには・・・?

上記で挙げたリッピングソフトを利用したBDコピー方法は、違法行為にあたるのはご存知でしたか?市販・レンタルされているBlu-ray ディスク内には、AACSというコピーガードという保護機能がついており、基本的にコピーや複製が出来ないようになっております。さらに2012年に【コピーガードを外すだけで著作権法違反】となりました。

しかし、リッピングはコピーガードを外してBDコピーをするという行為にあたるために絶対に行わないで下さい。

BDコピーならキャプチャーボードがオススメ

Blu-rayコピーを安全に行うならコピーガードは外す必要もない「キャプチャーボード」でのコピーがオススメです。

キャプチャーボードとは、テレビやBlu-rayレコーダーで再生されている映像をそのままキャプチャ録画する方法になります。しかし、通常のキャプチャソフトを利用してみるとわかりますが、再生と録画を1台のPCで行う事になるため負荷が掛かります。負荷が掛かると正常に録画できない事があり、録画した映像で画質が劣化・音ズレを引き起こす可能性もあります。

そこで、キャプチャーボードを利用するなら「外部キャプチャーボード」が安心して利用できます。録画に対して専用機器を設ける事で、高画質に録画・音ズレもなくBDにコピーする事が可能です。また、このサイトで紹介している外部キャプチャーボードはmacを利用している方でも問題なく使用できます。

macでBDコピーするなら「Ezcap HD」

このサイトで紹介しているEzcap HDはソフトではなく、「外部キャプチャーボード」となっておりハードウェア製品です。

capture-20160216-173749

Ezcap HDはBlu-rayレコーダーと直接接続し、録画をするためPCを利用する必要もなくBlu-rayコピーが行えます。録画自体はPCを必要としないため、PCに依存される事もなく問題なくBlu-rayの録画をする事が可能です。※録画後のファイル管理はmacでも問題なく操作が可能です。

また、Blu-rayをコピーする際の操作がとても簡単なところもオススメとなっています。

録画方法は、

  1. Ezcap HDとブルーレコーダーを接続
  2. コピーしたい映像を再生させる
  3. Ezcap HDのRECボタンを押すだけ!

これだけの作業でBlu-rayの録画ができるのは嬉しいところです。録画にパソコンOSを依存しないという事とPCにあまり詳しくない方でも簡単な操作でBlu-rayのコピーができるのは便利です。

>>Blu-rayコピーができるキャプチャーボードはこちら!<<

 

Blu-rayがコピーできない場合の対処法【BDコピー】

YUKA160113560I9A4099_TP_V

Blu-ray をコピーするうえで、最も利用されていると思われるのが「リッピングソフト」です。

しかし、Blu-rayはDVDのコピーガードと比較しても複雑で強固なコピーガードになっており、リッピングソフトが対応していない場合があります。更にソフトやツールを利用したBDのリッピングは著作権法違反になり、オススメできるBDコピー方法ではありません。

そこで、今回はリッピングをすると、どのような違法行為になるのか?という事とリッピング以外の方法でBlu-rayを簡単にコピーできる方法をご紹介します。

BDリッピングの危険性

リッピングでのBDコピーは、Blu-ray内のデータをそのままPCへ保存できるので、画質や音声が劣化する事なくBDをコピーする事が可能です。しかし、リッピングでの方法はBD内のコピーガードを外す必要があり、このコピーガードを解除するという行為が著作権法違反になり刑罰になる恐れもあります。

なかには、違法だと知らずにDVDやBDをリッピングでコピーする方もいるので、気をつけましょう。また、リッピングに関しての詳細は下記ページに記載されているため、下記ページを見てはどうでしょうか。

関連ページ:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

次にBlu-rayのリッピングソフトは、現在どのような状態なのか説明します。

BDリッピングソフトの現状

151026M_123r_TP_V

リッピングは違法ではありますが、インターネット上にはBlu-rayをリッピングできるフリーソフトもいくつか存在します。リッピングソフトは、基本的に海外で制作されているソフトが多いため、最新のコピーガードに対応できないソフトもありますし、何より日本での使用は著作権法で禁止されています。

特に有名なリッピングソフトは

  • Any DVD HD
  • DVD Decrypter
  • DVD Shrink

などがありますが、この上記で挙げたリッピングソフトには1つの共通点があります。

それは、上記のリッピングソフトは既に「開発中止」になっている事です。そのため、現状のリッピングソフトは最新のOSに対応する事はおろか今後は最新バージョンの配布もされなくなるので、リッピングソフトの利用ができなくなります。また、現状利用できるリッピングソフトも今後は利用できなくなる可能性が高いですし、何度も書きますが著作権法の違反になりますので、絶対に行わないようにしましょう。

そのため、現状Blu-rayをコピーするためにはリッピングではなく、「キャプチャー」という方法がオススメです。キャプチャーという方法は流れている映像をそのまま録画するため、コピーガードの解除にもなりません。

BDコピーに対応しているキャプチャーボード

このサイトでは、DVDコピーができるキャプチャーボード「Ezcap HD」をご紹介しておりますが、このキャプチャーボードはBlu-rayにも対応しています。また、Ezcap HDは外付けキャプチャーボードとなっており、BDプレイヤーとEzcap HDを繋げる事で再生されている映像をそのままコピーする事が可能です。

機器とキャプチャーボードを直接接続するだけなので、BDコピーの際はPCが必要ないのも大きなメリットです。PCを持ってなくてBlu-rayのコピーをする事ができない・・・という方でも安心して利用する事ができます。

capture-20160216-173749

更にEzcap HDは複雑な操作も必要なく、簡単操作で行えます。

Ezcap HDの使い方

手順①

ディスプレイとBDプレイヤーの間にEzcap HDを設置し、本体にUSBメモリ又は外付けHDDを接続します。

capture-20160412-121020

手順②

BDプレイヤーでコピーしたい映像を再生させます。

capture-20160412-121039

手順③

BDプレイヤーにて映像が再生されたらEzcap HDの本体・リモコンにある「REC」ボタンを押して下さい。そのまま流れている映像をEzcap HDへコピーし、USBメモリや外付けHDDに保存されます。

capture-20160412-121103

まとめ

Ezcap HDは上記の簡単3ステップでBlu-rayやDVDをコピーする事ができるオススメのキャプチャーボードです。

また、フリーソフトなどのキャプチャーボードを使用した場合に画質の劣化や音ズレがある事があります。しかし、Ezcap HDを使ったBDコピー方法はプレイヤーと直接接続した状態のため、音ズレも無く高画質でのBDコピーができているように感じます。下にEzcap HDを使ったBlu-rayコピーの比較動画がありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

>>PCを必要とせずBlu-rayコピーができるキャプチャーボードはこちら!<<

DVDとBlu-rayの違いを簡単に解説【DVDコピー】

tsuruetoushi12_TP_V

映画やドラマなどの映像作品を視聴する時にDVDやBlu-rayを購入される事が多いと思いますが、どちらを買う事が多いですか?恐らく、画質が良いから+音質もDVDに比べると高音質になっているからBlu-rayだと快適に見れる!という理由がほとんどだと思います。確かに画質や音質で劣るDVDですが、DVDにもBlu-rayに負けないメリットが存在します。

「DVD Blu-ray 違い」で検索される方も結構多いようなので、今回はDVDとBlu-rayの違いについてまとめてみました。また、DVDとBlu-rayに対応したコピー機器も最後にご紹介します。

DVD/Blu-rayの違い

DVDとBlu-rayはそれぞれの違いはこちら!

Blu-rayのメリット・デメリット

メリット

gatag-00004089

Blu-rayのメリットといえば、先ず画質が挙げられるかと思います。DVDの画素数が約35万画素なのに対し、Blu-rayは約207万画素の違いがあり映像は立体的かつ鮮明に映像を見る事が可能です。

また、Blu-rayとDVDは容量でも大きな違いがあり、DVD片面2層が約9GBの容量でBlu-ray片面2層には約50GBと圧倒的な大容量になっています。そのため、映像や音声などのデータをDVDの数倍以上を記録できるBlu-rayは高画質・高音質を実現しているのです。今後も容量が増加されたBlu-rayが発売される可能性もありますし、映像を楽しむならBlu-rayが安定します。

デメリット

高画質・高音質で楽しめるBlu-ray ディスクですが、デメリットも存在します。そのデメリットとは、Blu-rayのディスクと再生機器が高額なところです。TVで再生させるレコーダーを購入すると安いもので2万~3万程する場合があり、DVD再生機器の3倍程の値段がします。

また、Blu-rayは傷に弱いという事もあり、ディスク表面に少しの傷がついただけでも読み込めなくなる場合があります。不織布ケースに入れているだけでもBlu-rayの寿命が縮まる事もある程に傷に弱いところが難点ですね。

DVDのメリット・デメリット

メリット

gi01a201503250600

映像・容量でBlu-rayに劣るDVDですが、どの部分で優秀なのか?先ずは、上記のBlu-rayデメリットでも紹介したBlu-rayの傷に弱いという部分がありますが、逆にDVDは傷が付いた場合でもBlu-rayに比べ、保護してくれる層が厚いため表面に傷がついた場合でもディスクの寿命又は致命的な傷がない限りは問題なく再生する事が可能になっています。

更にDVDは再生機器が安い事やほとんどのPCにはDVD再生プレイヤーが搭載されており、DVDを視聴する場合には困る場面があまり無いと思われます。(※PCでBlu-rayを視聴する場合には有料でBlu-ray再生機器を取り付ける事も可能)

デメリット

DVDのデメリットは上記にも書いたとおり、Blu-rayと比較すると映像がキレイではないように見えるという所です。しかし、Blu-rayの映像に慣れていない方ならDVDの画質でも綺麗に見れるかと思います。また、容量もBlu-rayと比べると小さく、Blu-rayで録画できる容量でもDVDでは全く足りないという事にもなりかねないので注意が必要です。

まとめ

大体のDVD/Blu-rayの違いを簡単にまとめるとこのような感じになりますかね。Blu-rayは今後も容量が増加する可能性とDVDよりも映像や音質が綺麗なため、最先端のディスクだと思われます。しかし、Blu-ray/DVDをコピーしたいなと思った時にコピーできる対応機器が中々無いのもあり、Blu-ray/DVDコピーをする事が難しいように感じます。また、リッピングによるコピー方法が映像も綺麗に残せるのでオススメですが、違法行為にあたるためにリッピングはオススメできません。リッピングについては下記関連記事をご覧ください。

関連記事:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

cta_1

そのため、Blu-rayやDVDどちらにも対応しており、リッピング以外でのコピー機器が存在するためこちらの「Ezcap HD」があれば解決です。こちらの機器は再生されている映像をキャプチャ録画するため、上記記事のコピーガードを解除する行為にもなりません。

更にHDMI接続ができる事を利用し、DVD・Blu-ray以外にもゲーム映像などの録画にも利用する事が可能です。キャプチャ録画にしては、録画した映像は音ズレも無く、個人的には元映像と比較しても高画質に録画できているように感じます。

Ezcap HDの詳細は一度、下記ページより御覧頂いてみてはいかがですか?
>>>簡単操作で手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

 

【最新】パソコンを必要としないDVDコピー方法とは?

YOU85_PCsousasuru20131019130818_TP_V

皆さんは普段DVDをコピーする事がありますか?

DVDコピーをする方法としては、パソコンでインストールできるリッピングフリーソフトやキャプチャーボードがあります。しかし、リッピングは著作権法違反になりますし、次々と無料リッピングソフトが開発中止になっているためリッピングでのDVDコピー方法はあまりオススメできません。何故、DVDリッピングが違法になるのか?という事とリッピングソフトが開発中止になってしまっている理由については下記の関連記事を一度目を通してはいかがでしょうか。

関連記事:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

リッピング以外の方法でDVDコピーをするなら「キャプチャーボード」でのコピーがオススメです。また、キャプチャーボードでのDVDコピーはパソコンの設定や手順が複雑になっており、PC初心者にはわかりずらい部分が多いと思われます。しかし、今回ご紹介するキャプチャーボードは、パソコンを必要とせずにDVDコピーをする事ができるのでPCに詳しくない方でも簡単にDVDコピーをする事ができます。

先ず、簡単にできるDVDコピー機器の前にそもそもキャプチャーボードって何なの?というところから説明していきます。

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボード (ビデオキャプチャー)は、TVゲーム機の映像・音声をPCで出すために必要な周辺機器です。 キャプチャーボードがあると、 PCの画面でTVゲームをプレイしたり、録画やライブ配信ができる ようになります。 Google検索より引用:キャプチャーボードとは

上記のキャプチャーボードとDVD再生機器と接続するとPC画面へDVD映像を出力する事ができ、パソコン内にDVDなどの映像を録画する事が可能です。基本的にYouTubeやニコニコ動画でゲーム配信を行っている方もこのキャプチャーボードを利用してゲーム画面をPCでへ出力し行っています。

サイト内で紹介している「EZcap HD」の他にも様々なキャプチャーボードが販売されており、現在は小型で場所をとらないキャプチャーボードが増えています。しかし、どのキャプチャーボードもPCに接続してから録画を行うものが多く操作が複雑な場合があるかもしれません。PCにあまり詳しくない方は、できるだけパソコンに触らないように簡単にDVDコピーしたいものです・・・。

そこで、PCに詳しくない方でも使えるオススメのキャプチャーボードが存在するのでご紹介します。

PCが必要ないキャプチャーボード

cta_1

このサイトでご紹介している「EZcap HD」はパソコンを必要とせず、EZcap HDとDVD再生機器などを接続するだけでDVDをキャプチャーコピーする事が可能です。PCを必要としないため簡単操作でのDVDコピーを行えるのでオススメのキャプチャーボードになっています。

なぜPCを必要としないのか?

通常のキャプチャーボードはPC内にキャプチャソフトをインストールするタイプが多く、PCが必要不可欠でした。パソコンにソフトをインストールするタイプのキャプチャーボードはPCの性能によっては、録画した映像が劣化したり音ズレが生じる可能性もありました。しかし、EZcap HDは下記手順を見て頂ければわかりますが、EZcap HD本体とDVDプレイヤーを直接接続しDVDコピーをする事ができるため、PCのスペックにも左右される事もなく高画質での録画が可能になっています。また、本体にUSBメモリを差し込む事でMP4ファイルでの録画もできます。

PCにあまり詳しくない方にとっては、PCを触らずに複雑な操作をすることがなく高画質でのDVDコピーができるのは大きなメリットだと思いませんか?更にEZcap HDでの録画方法は下記の簡単3ステップのみで行えてしまいます!

ステップ①

下記画像の再生機器やUSBをEZcap HDに接続します。

capture-20160328-115847

ステップ②

コピーするDVDをEZcap HDを接続した状態で映像を再生させます。

capture-20160328-115601

ステップ③

EZcap HD本体もしくはリモコンにある「REC/STOP」を押すだけで再生されているDVDの録画が開始されます。PCを利用するキャプチャーボードと違い、複雑な操作や設定が必要が無い事がこのEZcap HDの強みでしょう。

capture-20160328-115715

最後に

IMGP1132

パソコンを使わないキャプチャボード「EZcap HD」のDVDコピー手順は以上になります。

録画した映像はPCデータでUSBメモリに保存され、DVD以外にもスマホやiPhone用の動画ファイルとして持ち運ぶ事もできます。また、EZcap HDの接続端子が多種対応しておりDVDプレイヤー以外にもBlu-rayプレイヤーやゲーム機にも対応しているため、Blu-rayの録画やゲーム実況の録画を行う事も可能です。そのため、YouTubeやニコニコ動画でゲーム実況を行っている方にもオススメのキャプチャーボードになっております。

複雑なDVDコピーをEZcap HDなら簡単に行えるうえに録画した映像は元の映像と比較してもあまり劣化すること無く、高画質での録画も行えます。高画質へ簡単操作で録画できるためにオススメのキャプチャーボードといえますね。

>>>簡単操作で手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

 

リッピングソフトが開発終了!?最新のDVDコピー方法とは

C789_keitaitomba_TP_V

DVDをコピーする方法で「リッピング」という方法はご存知でしょうか?

リッピングはDVDやCD内に記録されているデータをそのままPC内にコピーする方法です。DVD内のデータをそのままコピーする事ができるため、音質や音声の劣化がする事なくDVD内の複製ができる事から今だにリッピングでの方法でDVDをコピーする方が多いそうです。

また、リッピングでのDVDコピー方法は、2012年の著作権法の改正によって日本国内での複製は違法になる事はご存知ですか?リッピングは違法ですが、リッピングソフトが無料でインストールできるサイトがネット上に存在するため、違法だと気が付かず利用する方が多いのでしょう。

関連記事:DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

そのため、今回はリッピングソフトの現状と最新のDVDコピー方法をご紹介します。

リッピング可能なフリーソフト

先ず、代表的な無料のリッピングフソフトは以下のソフトがあります。

  • DVD Shrink
  • DVD Decrypter
  • Any DVD

基本的にこのリッピングソフトを使用したDVDをコピーは違法行為になるため、行わないようにしましょう。

DVD Shrink・DVD Decrypterについて

DVD ShrinkとDVD Decrypterは無料リッピングソフトの中でも定番のソフトで、利用者が最も多いソフトでした。

今現在でもインターネット上から簡単にインストールする事が可能ではありますが、どちらのソフトも数年前に開発終了になりました。最新パッチも公開されずに開発終了になったため、基本的にWindows10は勿論のことWindows7や8でもリッピングでのDVDコピーはできないようになってます。

その場合は、Any DVDならまだリッピングできるのか?と気になりますよね。しかし・・・

AnyDVDが開発終了に

OOK151107290I9A8221_TP_V

上記のソフト共に有名なリッピングソフト「Any DVD」です。こちらは、PC側で自動的にコピーガードを解除する機能やプロテクトされているCDの再生、抽出機能も搭載したリッピングソフトでした。しかし、2016年2月25日に「Any DVD」の開発元であるSlysoftが公式サイトを閉鎖し、リッピングソフトが発売停止となりました。現在、AnyDVDにのサイトにアクセスすると、日本語で下記のようなメッセージが表示されます。

法的規制を受けてSlysoft社は全ての活動を中止しなければならなくなりました。これまでの長年ご愛顧、ありがとうございました。」

引用元URL:「AnyDVD」開発元のSlySoftが活動終了

このメッセージにある法的規制とは、恐らくリッピングソフトの規制によるものでしょう。日本でのコピーガードを解除したリッピングは違法行為になるために上記のリッピングソフトと同じく、発売停止になったのだと思います。そのため、著作権法改正により日本でリッピングを安全に行える事は今後ないと思った方がいいでしょう。

そこで、DVDコピーをするならリッピング以外の方法をオススメします。

キャプチャーボードを使ったDVDコピー

リッピングでのDVDコピーは「コピーガード」を解除する行為が違法になるため、映像自体を録画できるキャプチャーボード「EzcapHD」をオススメします。

cta_1

EzcapHDはPCを必要とせず、画面上に再生されている映像を簡単操作でキャプチャーする事が可能です。キャプチャー録画となると映像を高画質で残せないのではないか?と気になるかと思いますが、元の映像と比較しても画質の劣化を感じられずに高画質のまま映像を保存できています。EzcapHDで録画した映像と元映像の動画も記載されていますので、下記ページを一度御覧ください!

関連記事:DVDコピーを簡単に!おすすめフリーソフトのご紹介

また、HDMIなどの入力端子も多いため、ゲーム画面のキャプチャーにも対応しています。YouTubeなどの動画サイトにゲーム実況動画を録画する際にも便利で汎用性の高いキャプチャーボードになっているのでオススメです。何よりコピーガードを解除しないDVDコピー方法のため、安全にDVDコピーが行えのも嬉しい点です。

>>>驚きのNewモデル登場!手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

DVDリッピングは違法!?DVDコピーの基礎知識

PAK88_omocyanotejyou_TP_V

DVDやBlu-rayは「リッピング」又は「キャプチャーボード」などで気軽にコピーが可能になりました。リッピングでのDVDコピーは、DVD内のデータをPCへそのままコピーする事ができ、画質や音質の劣化を気にする事無く複製する事ができます。

しかし、一部のDVDやBlu-rayをリッピングすると著作権法違反にあたるのはご存知ですか?

リッピングの詳しい事を知らないままDVDコピーをすると違法行為になる可能性があるため、注意が必要です。

そこで今回は、どのようなDVDリッピングが違法行為にあたるのか具体的にご紹介していきます。

リッピングの著作権法改正

先ずは、DVDコピーについて2012年の著作権法の改正内容を見てみましょう。

—————————————————————————————————————–
2012年から著作権法の一部が改正されます。

「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され違法となります。

TV録画および市販のDVDに対してこれらのツールを利用する場合は、Discの再生目的のみで利用してください。Discの複製・変換を行う場合は、自作DVDや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにして下さい。
—————————————————————————————————————–
※引用元:著作権法

2012年に著作権法が改正されています。

技術的保護手段】=【コピーガード】であり、一部のDVDやBlu-rayにはこのコピーガードが掛かっていますが、このコピーガードを解除する事が違法になります。

皆さんは「コピーガードを解除したからとはいえ、バレなければ大丈夫でしょ?」と、軽い気持ちでリッピングしようとしていませんか?

どのようなリッピングが違法行為に該当するのか、これから確認していきましょう。

違法行為となるのは?

①コピーしたDVDを販売する。

コピーしたDVDを他人に売買する行為は完全に違法になります。
著作権のあるDVDを売買することに問題がありますが、「技術的保護手段」=コピーガードを解除した時点で違法です。

②コピーしたDVDを個人で保管する場合

DVDコピーを個人で保管する場合も同じです。
この内容も①と同じく、コピーガードを解除する行為が違法になります。

上記にも記載されている通り、
【「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され違法となります。】

個人用途での使用も著作権法違反になります。

③購入したDVDのコピー

何度も書いてますが、購入したDVDも上記と同じくコピーガードの解除にあたるので、当然違法です。
購入もレンタルDVDも同じく、リッピング不可になってます。

しかし、自分で作成したオリジナルDVDなどはコピーガードがないため、リッピングは可能です。
リッピングソフトは著作権がないDVDなどのDVDコピーに利用するように心がけましょう。

結論

DVDコピーをした場合、ほとんどが①~③の用途になるかと思いますが、技術的保護手段が掛かっている以上、どの方法もNGです。

最近でも某リッピングソフトのアップロード者と自己サイトへリンクを貼った人が逮捕された事例があります。リッピングソフトのリンクを貼るだけでも逮捕された事例があるため、リッピング行為自体は控えるのがオススメです。

そこで、DVDコピー方法でオススメしたいのが、「キャプチャ録画」です。
再生されている映像をそのままキャプチャして録画する事で、コピーガードも解除せずDVDのコピーが可能です。

キャプチャ録画ができる機器の中でも「EZcap HD」がPCを使わずに録画できるのも嬉しいところです。
EZcap HDの詳しい機能や使い方はこちらのページを見てはいかがですか。

DVDコピーを簡単に!おすすめフリーソフトのご紹介

GREEN_KA20140125_TP_V

DVDコピーをするには、【リッピングソフト】【キャプチャーボード】が必要になるのはご存知でしょうか。今では簡単操作でDVDをコピーできるソフトや様々な機能が搭載されたフリーソフトまで数多く存在します。

しかし、DVDリッピングのフリーソフトは種類が多い上にソフトによって機能の違いがありますよね。

インストールしたフリーソフト次第では設定や録画に余計な時間を費やす事も・・・。

複数のフリーソフトを触って試すのも面倒ですし、「簡単操作でDVDをコピー」できるソフトがあれば便利ですよね。

そこで、今回はDVDコピーが簡単にできるリッピングソフトとキャプチャーボードを紹介します。

そもそもリッピングとは?

フリーソフトを紹介する前に知らないと危険な基礎知識を紹介していきます。
リッピングというDVDコピー方法がありますが、リッピングを知らずに行うと著作権に違法する行為になる可能性が高いです。

先ず、リッピングって何なの・・・?となりますよね。
リッピングとは、DVDやBlu-rayのデータをPC用の形式などに変化させ、そのまま自分のPCに取り込む方法を「リッピング」と呼びます。

DVDをリッピングする事は違法だと思っている方が多くいますが、リッピング行為自体は違法ではありません。しかし、レンタルした物や購入したDVDには【コピーガード】があり、コピーガードを解除してのリッピングが違法となります。

近年、著作権関連について厳しくなっているため、DVDのコピーガードを解除してのリッピングはやめましょう。

その半面、コピーガードがないオリジナルDVDはリッピングしても問題ありません。
そこで、オリジナルDVDやBDをコピーする時にリッピングソフトの出番です。

著作権違法を気にせず、DVDコピーをするならキャプチャ録画がオススメです。
キャプチャ録画に関しては、こちらをご覧下さい。

※注意
一度、説明しましたが、販売やレンタルされているDVDのコピーガードを解除したコピーは違法です。 そのため、リッピングのフリーソフトでDVDコピーされる場合は、以上の注意をふまえて十分注意した上でご活用ください。

DVDのリッピングフリーソフト

①DVD Shrink

現在は、開発終了になったソフトですが今も利用者が多いDVDリッピングソフトです。

    メリット

  • DVDコピーと圧縮の両立ができる。
  • データの圧縮をし、DVDのサイズを半分程の容量でコピーする事が出来る。
  • シンプルなUIとなっているため、見やすくなっている。

 

    デメリット

  • ソフトが日本語に対応していないため、わかりにくい部分がある。
  • 字幕のON/OFF切り替えなどの機能を多く備えたソフトですが、開発が既に終了いているため起動できないOSもある。(Windows10など)

DVD Shrinkはこちら

②DVD Decrypter

Windows用のDVDコピーソフトで最も利用者が多いソフト。

    メリット

  • リッピング機能の他にDVDへの書き込み機能も搭載。
  • ソフトが日本語に対応
  • ライティング機能も備えているため、フリーのライティングソフトとしても使用できる。
  • 動作が軽く、高画質なDVDコピーを行う事が可能。

 

    デメリット

  • DVD Shrinkで出来るデータの圧縮をする事ができない。
  • 専門用語が多いため、初心者の方は使いづらい

DVD Decrypterはこちら

リッピングソフトのまとめ

私がDVDコピーをする際の使いやすいフリーソフトは上記の2つになります。
どちらのソフトもデータ圧縮機能やDVD書き込み機能などに加え、簡単操作でのDVDコピーが可能なオススメソフトです。

しかし、上記で挙げたデメリット(Windows10で利用できない等)に加え、コピーガードを解除したリッピングが違法なため、リッピングでのDVDコピーは厳しい部分が多いです。

そのため、DVDコピーをするならリッピングソフトを使わず、キャプチャ録画でのDVDコピー方法が安全です。

簡単な操作でDVDやBDの映像を録画できるキャプチャーボードがあるので、ご紹介します。

DVDコピーはキャプチャボードがオススメ!

上記でリッピングフリーソフトを紹介しましたが、他にコピーガードを解除せず、DVDコピーをする方法があります。その方法とは、キャプチャーボードを使った「キャプチャ録画」です。

キャプチャ録画とは、DVDを再生させた画面上の映像を録画する事をいいます。
キャプチャ録画の場合は、再生された映像をそのまま録画するので、著作権法違反(コピーガードを解除する行為)には該当しません!

そこで、オススメしたいキャプチャーボードが【EzCAP HD】です。

cta_1

このEzCAP HDですが、キャプチャ録画をする際はPCを必要としない上にシンプルな操作でキャプチャ録画ができます。

上記画像のEzCAP HDを見ると、複数の入力端子がある事がわかるかと思います。
入力端子が多いため、DVDの他にもBlu-rayやゲーム映像の録画にも対応しており、YouTube等のゲーム実況に利用する際も活躍できるキャプチャーボードです。

また、EzCAP HDを使用したBlu-ray録画の動画があるので、下記より元Blu-ray映像と比較してみて下さい。私が使用してみた感想では、画質の劣化は感じられず、高画質Blu-rayコピーを実現しています。

 

DVD・BDを高画質コピー!EzCAP HDは下記ページからご覧下さい。

>>>手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細

MACでDVDのコピーできないを解決!

apple

根強い人気を誇っているパソコンのMAC。

そんなMACでDVDをコピーできない場面に遭遇したことはありませんか?

EzCAP HDを使えば、そんな問題も一発解消です!

MACを使ってDVDをコピーする

MACでもDVDをコピーできる方法はあります。

多くはMAC用のソフトで、パソコンにインストールしてDVDのコピーを行うタイプです。

WindowsでもMACでもDVDのコピーができる!

WindowsとMACの両方に対応したDVDコピー用のソフトがあれば、最高ですよね。

ただ、そんなソフトは私が知る限りありません。。。

多くは、Windows用とMAC用に分かれています。

パソコン用のソフトでは、OSによって分かれてしまうのは致し方ありません。

そこで、使っているパソコンに依存しないEzCAP HDの出番というわけです。

パソコンに依存しないEz CAP HD!

EzCAP HDは、DVDのコピーをするためにパソコンを使う必要はありません。

必要なものは、EzCAP HDとディスプレイと動画ファイルを保存するUSBメモリ(外付HDD)です。

DVDのコピーを行うためには、パソコンを使用することが必須条件だったと思いますが、EzCAP HDがあれば低スペックのパソコンを持っていてもDVDのコピーができます。

パソコンは、コピーしたDVDの映像を再生させるために使うくらいです。

MACを使っているもしくは、MACとWindows両方を使っている方にはかなり便利なDVDコピーライフが過ごせるんではないでしょうか?

まとめ

Ez CAPHDを使えば、WindowsだろうがMACだろうが「H.264/MPEG-4 AVC」を再生できる環境さえあれば、コピーしたDVDの映像を再生することができます!

このように環境への依存度が少ないのが、ハード機器の嬉しいところですね♪

>>>驚きのNewモデル登場!手軽にDVDをコピーできる「EzCAP HD」の詳細